喜多見 狛江エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 喜多見駅校】へお任せ下さい!

menu

喜多見 狛江エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 喜多見駅前校

狛江・喜多見の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 喜多見駅前校】過去問の使い方(大学受験 高校受験)

こんにちは!小田急線喜多見・狛江の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 喜多見駅前校】の講師の倉橋(クラハシ)です!

いやー、10月はいろんなことがありましたね!

超大型の台風が来たり、首里城が燃えたり、ハロウィンがあったりと目まぐるしい月でした(@_@)

さて、そんな月ももう終わり11月に入りました(≧▽≦)

今年ももう残り2ヶ月。受験生の諸君は、勉学にラストスパートをかけていく時期だと思います。

そんな受験生に今回は、過去問について話したいと思います。

まず、初めに質問です。過去問ってどのように使うと思いますか?

「過去問?問題の傾向を知るために使うものでしょ!」

「時間配分を確かめるために使うものよ!」

などと思っている人は多いでしょう

そうです!皆さんが思っているように過去問はその学校の傾向を知るためだったり、時間配分を考えるための最高の本となっています。

しかし、中には「過去問解きまくれば、受かるっしょ」と思っている人はいないでしょうか?

言っておきます。過去問だけ解いても、受かりません

何故なら、その学校の傾向などが知れるだけであって当日まったく同じ問題が出ることはほぼ100%あり得ないからです。

そう赤本は、使い方によって天使にも悪魔にもなるのです。

大切なことなのでもう一度言います。

過去問だけでは、絶対に受かりません!!

では、どうすればいいのでしょうか。答えは、簡単です。

過去問は、傾向や時間配分のために使い、自身の実力日々の勉強で延ばせばいいのです。

過去問と日々の勉強をうまくできた人こそ真の勝者になるのです

なので、残りの期間このことを頭に入れて過ごしてください

 

頑張れ、受験性(^O^)/

 

:*:.+:.***英才個別学院 喜多見駅前校 概要***.:.+.:*:

【住所】東京都世田谷区喜多見9-1-7 栄屋ビル2階

【授業時間】

平日17:00~21:30

授業①:17:00~18:25 授業②:18:30~19:55  授業③:20:00~21:25

土曜日14:00~21:30

授業①:14:00~15:25 授業②:15:30~16:55 授業③:17:00~18:25 授業④:18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【申し込み方法①】当教室ホームページからお問い合わせください

http://eisai-kitamiekimae.com/

【申し込み方法②】当教室までお電話ください

03-5761-2909(14:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 喜多見駅前校 フェイスブック
英才個別学院 喜多見駅前校 ツイッター
英才個別学院 喜多見駅前校 YouTube チャンネル
英才個別学院 喜多見駅前校 Google+